電気用品とは|電気用品安全法施行令|電気用品安全法の届出申請書類の作成・提出代行|代理 代行|行政書士事務所

電気・通信・情報関係の各種事業許認可 電気・通信トップ

ホーム > 電気用品安全法 > 電気用品とは

電気用品とは

「電気用品」とは

「電気用品」とは

一  一般用電気工作物の部分となり、又はこれに接続して用いられる機械、器具又は材料であつて、政令で定めるもの

二  携帯発電機であつて、政令で定めるもの

三  蓄電池であつて、政令で定めるもの

をいいます。(電気用品安全法第2条第1項)


電気用品安全法の対象

ここでいう政令とは 電気用品安全法施行令 で、その第1条と第1条の2に規定があり、別表第一と別表第二に電気用品の一覧があります。

電気用品安全法の規制対象となるものは上の政令で定めるもので、電気系の部品、器具、機器などすべてが対象となるわけではありません。

電気用品の区分

「電気用品」は、「特定電気用品」と「特定電気用品以外の電気用品」に分けられます。

特定電気用品
電気用品
特定電気用品以外の電気用品



電気用品

電気用品安全法第二条第一項 の電気用品は、別表第一の上欄及び別表第二に掲げるとおりとする。 (電気用品安全法施行令 第一条)

特定電気用品

電気用品安全法第二条第二項 の特定電気用品は、別表第一の上欄に掲げるとおりとする。 (電気用品安全法施行令 第一条の二)

参考

電気工作物とは

「電気工作物」とは発電、変電、送電若しくは配電又は電気の使用のために設置する機械、器具、ダム、水路、貯水池、電線路その他の工作物(船舶、車両又は航空機に設置されるものその他の政令で定めるものを除く。)をいいます。電気事業法第2条第16号

電気工作物の種類

電気事業用電気工作物
事業用電気工作物
電気工作物 自家用電気工作物
一般用電気工作物

一般用電気工作物

「一般用電気工作物」とは、次の電気工作物をいいます。 電気事業法第38条第1項、電気工事士法第2条第1項

他の者から経済産業省令で定める電圧以下の電圧で受電し、その受電の場所と同一の構内においてその受電に係る電気を使用するための電気工作物(これと同一の構内に、かつ、電気的に接続して設置する小出力発電設備を含む。)であつて、その受電のための電線路以外の電線路によりその構内以外の場所にある電気工作物と電気的に接続されていないもの 電気事業法第38条第1項第1号

構内に設置する小出力発電設備(これと同一の構内に、かつ、電気的に接続して設置する電気を使用するための電気工作物を含む。)であつて、その発電に係る電気を前号の経済産業省令で定める電圧以下の電圧で他の者がその構内において受電するための電線路以外の電線路によりその構内以外の場所にある電気工作物と電気的に接続されていないもの電気事業法第38条第1項第2号

電気事業法第38条第1項第1号、第2号に準ずるものとして経済産業省令で定めるもの電気事業法第38条第1項第3号

小出力発電設備以外の発電用の電気工作物と同一の構内(これに準ずる区域内を含む。以下同じ。)に設置するもの又は爆発性若しくは引火性の物が存在するため電気工作物による事故が発生するおそれが多い場所であつて、経済産業省令で定めるものに設置するものを除く。電気事業法第38条第1項ただし書き

具体的には、600V以下の電圧で受電し、その受電場所と同一の構内で電気を使用する電気工作物です。

一般には、一般家屋、商店などの屋内配線設備などの電気工作物が該当します。



お問合せ・お見積もり依頼

電気用品安全法のお手続きのお手伝い致します

手続の代行・代理

電気用品安全法の届出・申請などのお手続きの代理・代行・代書を承っております。忙しいクライアント様に代わり、行政書士が、
 ・届出書類の代書・作成
 ・書類提出の代理・代行
 ・担当窓口である経済産業省などとの調整
などを行ないます。

クライアント様と行政機関とのI/Fを目指して!

電気用品関連業務を営まれるクライアント様と行政機関との間のインターフェースを目指して日々努力しております。クライアント様が本来業務に専念できるように、クライアント様と行政機関との間に立ち、各種届出・申請手続きのお手伝いを致します。許認可届出業務のアウトソーシングとして是非ご検討ください。

事務所案内

事務所案内・行政書士

電気系行政書士

当事務所の行政書士は、電気通信主任技術者・工事担任者・電気工事士などの資格を有しており、以前は、電気通信事業者の技術職として勤務しておりました。 この経験を活かし、技術の話ができる行政書士を目指して日々努力しております。

行政書士とは

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、官公庁に提出する許認可等の申請届出書類の作成並びに提出手続代理、権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政書士の守秘義務

行政書士は、法律により守秘義務が課せられており、ご依頼者の情報を漏らすということはありません。安心してご相談・ご依頼下さい。

行政書士関連リンク

日本行政書士会連合会
東京都行政書士会
一般財団法人行政書士試験研究センター

電気用品安全法PSE 電安法・トップ

電気用品安全法の各種お手続きの代理・代行を承っております。届出書類の作成、書類提出などの代理・代行を行ないます。 東京都 江東区 足立区 荒川区 板橋区 江戸川区 大田区 葛飾区 北区 江東区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 台東区 中央区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 目黒区 東京都

事務所案内 東京都行政書士会 行政書士会連合会 経済産業省 国土交通省 東京都