電気通信事業参入時の手続き。通信系行政書士が、総務省・通信局への届出・登録のお手続きの代理・代行を致します。

事務所トップ|電気・通信・情報関係の各種事業許認可 電気・通信トップ

ホーム > 電気通信事業 > 電気通信事業参入時の手続き

電気通信事業参入時の手続き

区分と参入手続き

電気通信事業を営むには、原則、届出または登録の手続きが必要になります。伝送路(回線)の有無、規模などにより事業参入時の手続きが異なります。


伝送路なし 伝送路あり
小規模 有料かつ大規模※3 ※1 ※2
届出または登録 届出
(法第16条)
届出
(法第16条)
届出
(法第16条)
登録
(法第9条)
技術基準適合義務
自己確認
管理規程
電気通信設備統括管理者
電気通信主任技術者

※1 端末系伝送路設備の設置の区域が一の市区町村を超えず、かつ、 中継系伝送路設備の設置の区間が一の都道府県の区域を超えない 場合 (市区町村には特別区および指定都市の区を含みます)

※2 伝送路設備が※1の基準を超える場合 (電気通信事業法施行規則第3条)

※3 有料かつ利用者が100万以上(電気通信事業法施行規則第27条の2の2第2項)

○ 電気通信事業法第41条など

◎ それぞれ届出の必要があります。サービス開始までに手続きを完了する必要があります。


書式リンク
関東総合通信局
中国総合通信局

登録・届出後の手続きの考察 〜電気通信回線設備を設置する電気通信事業者〜

電気通信事業法第41条から第45条辺りの条文の書き方は非常に分かりづらく、技術的な知識がない場合、そもそも単体の条文自体の意味が分からないということになるのですが、まとめると次のようになります。



(1) 電気通信事業法は、第41条第1項で「電気通信回線設備を設置する電気通信事業者は、その電気通信事業の用に供する電気通信設備・・」とし、第44条で「第四十一条第一項、第二項又は第四項に規定する電気通信設備(以下「事業用電気通信設備」という。)」とし、第41条第1項等の電気通信設備を『事業用電気通信設備』と定義しています。

(2) そして、『事業用電気通信設備』に対しては、
・第44条で管理規程の作成
・第45条で電気通信主任技術者の選任
を義務付けています。

自己確認は第42条で「電気通信回線設備を設置する電気通信事業者は・・技術基準に適合・・自ら確認・・」という書き方しています。これは、そもそも『事業用電気通信設備』が定義される第44条の前の条文ですので 『事業用電気通信設備』→自己確認要 とは直ちにならないのですが、第42条で自己確認の対象としているのは第41条第1項に規定する電気通信設備(=第44条で『事業用電気通信設備』)ですので、結果としては『事業用電気通信設備』の場合自己確認が必要というような形になります。

なお、第44条の3の電気通信設備統括管理者は、第44条からつなげていますので更に複雑な規定の仕方になっています。

(3) 自己確認と電気通信主任技術者には、それぞれ細かい除外規定などはあるのですが、基本的に、第41条第1項の「電気通信回線設備を設置する電気通信事業者」はその『事業用電気通信設備』についてこの4点セット(自己確認、管理規程、電気通信主任技術者、電気通信設備統括管理者)が必要ということになります。

(4) なお、今般の法改正(平成27年4月施行)で申請書の2(3)が新たに項目として加わりましたが、これは今般の法改正で新たに追加された第41条第3項の「事業用電気通信設備」に関連するもので、従前の第41条第1項の「事業用電気通信設備」の解釈には影響を与える趣旨ではないハズです。


お問合せ・無料簡易判断

電気通信事業のお手続きのお手伝い致します

電気通信事業の届出・登録のお手続きの代理・代行・代書を承っております。忙しいクライアント様に代わり、行政書士が、
 ・申請書類の代書・作成
 ・添付書類の手配・収集
 ・書類提出の代理・代行
 ・担当窓口である通信局との調整
などを行ないます。

総務省・通信局関連の法務業務のアウトソーシングとして是非ご検討ください。

お問合せ・無料簡易判断

事務所案内

電気通信事業に強い行政書士事務所
事務所案内(詳細)
電気通信事業 電気通信事業・届出登録

お問合せ

事務所概要

電気通信主任技術者資格者証の交付を受けている行政書士がサポートさせていただきます!

手続・必要書類などがいまいち分からない、早急に届出・登録をしたい、技術系の行政書士を探しているような場合にお問合せ・ご依頼を頂いております。

電気通信事業法の各種お手続きの代理・代行を承っております。総務省・通信局関連のお手続きはお任せ下さい!届出・登録の書類の作成、添付資料の収集、書類提出の代理・代行を行ないます。 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 江東区 足立区 荒川区 江戸川区 葛飾区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 世田谷区 千代田区 豊島区 中野区 練馬区 文京区 港区 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ITU 総務省 総務省 総務省 東京都行政書士会 行政書士会連合会